スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
ナンバリングとホットキーについて
先日ESOでチャットしていて、ナンバリングとホットキーの話が出たので、現状の自分の設定を晒してみる。

といっても、基本的にはTakumanさんの動画にあったものをほぼそのまま使っているので、こちらの動画を見ることを強く推奨します。
設定だけではなく、なぜ便利なのかということも丁寧に解説されておりますので、1ゲームやる時間を削ってでも是非。


あと、同じクランでいつもアドバイスを頂いているSushiRocksさんのブログの記事も、写真付きでとてもわかりやすいので、是非とも一読を。


でもって、私の設定は以下の通り。

■1.ナンバリングの設定
デフォルトのナンバリング「1」〜「9」を「Q」〜「C」へ変更。
こうすることにより、左手の小指で「SHIFT」や「CTRL」を押し
ながら各キーを押しやすくなります。

■2.アタックムーブの設定
デフォルトは「ALT」に設定されておりますが、隣が「Windows」キーということもあり、急いでいたり慌てていると間違って「Windows」キーを押してしまい、画面がWindows画面に戻ってしまうことがあるので、変更しておいたほうがよいでしょう(私はこれで結構ハマったので)。
お奨めはマウスのボタン。
5つボタンマウス等も最近はメジャーなので、左右クリック以外に設定しておけば、移動先指定をするときに、アタックムーブに設定したキー+右クリックを片手で行えるので便利です。

■3.待機中の兵探索の設定
兵を動かすときに主に「A」「S」「D」を使っているので、その横の「F」へ変更。

■4.駐留解除の設定
荒らしに対応して農民を中心に駐留させることがありますが、その解除を素早く行うために、ナンバリングの直ぐ隣の「R」へ変更。
TCショット+農民出し入れでの攻撃のときに便利。

現状使っているのは上記ですね。
生産もホットキーで行うと楽に素早く出来るということはわかっているのですが、今のところ使ってないです(キー設定が重なっちゃうと挙動が変になったりしてうまくいかなかったので)。

あと設定するにあたり「重複を可能にする」にチェックを入れて、使わない操作については全部「P」を割り当てています。
これは間違ったキーを押したときに思わぬ操作になって混乱しないようにです。

ゲーム中には、
「Q」:探索者
「W」:斥候
「A」:重騎兵(or軽騎兵)
「S」:マスケ(or槍)
「D」:スカミ(or石弓)
「Z」:騎兵小屋
「X」:戦士小屋
「C」:中心
といった感じ。
大砲が出てきたら「W」を大砲に割り当ててます。

部隊を分けるときは(たいてい荒らし用の重騎兵)、「A」「Q」を割り当て、探索者は後ろのほうで待機とか、適当にミニマップクリックして探索とかしてます。


ナンバリングをすることにより、前線で兵を操作しつつ、兵の生産・農民の生産を画面を切り替えることが出来るのでかなり便利です。
ラッシュを仕掛けつつ如何に軍を追加するか、農民生産を途切れさせないかが重要です。
その際にいちいち中心や小屋へ画面を切り替えていては時間のロスですし、一瞬目を離した隙に、石弓がハサーに轢き殺されるという大惨事がおきかねません。

そのようなときに、ナンバリングを使えば、前線を見て兵を操作しつつ、追加生産ができるため、無駄に兵を消耗させることなく、相手にプレッシャーをあたえることが可能です。


ナンバリングおよびホットキーについては、デフォルトのままでもかまいませんが、一番重要なことは「自分が使いやすいこと」です。
デフォルトに慣れて使いやすいというのであれば、変更する必要はまったくありません(デフォルトで設定されていない機能もあるので、設定は一度見ておくことをお奨めしますが)。
また人の真似でもなんら問題はありません。
ブログ等でナンバリング・ホットキーを公開してくださっている方々もおりますので、探してみて真似をするのもよいかと思います。

もしかするとそれだけで、今まで勝てなかった相手に勝てるかもしれませんよ?
是非とも自分にあったナンバリング・ホットキーを見つけてみてください。


※ナンバリング
 ユニットや建物を呼び出し易くするためのもの。
 自由に設定可能。
 ゲーム開始後に設定(ユニット指定してSHIFT+A等)
 機能(農民生産)等は設定不可

※ホットキー
 色々な機能をマウスを使わずに実行するためのもの。
 ユニットの選択も可能。
 ゲーム開始前にオプション内で事前に設定しておく必要あり。
| comments(0) | trackbacks(0) | by よーいち
[AOE3]初心者講座 part1[たくまん]のテキスト
ニコニコ動画

※以下の内容はTAKUMANさんがニコニコ動画へアップした上記動画の内容をテキストにおこしたものです。

「時代気鮴するものはAOEを制す!」 by TAKUMAN

時代兇貿_燭冒瓩入るか、如何に即靴鯀瓩瓩襪、最初の戦闘が起こるときの地の利。
これらは全て時代気砲かっています。

以下に、時代気鮓率的に進める(肉800を速やかに集める)方法を以下に示します。

1.動物の群れは農民が撃った方へ逃げる
2.ゲーム開始直後10秒は動物は撃っても移動しない
3.動物を一度撃つと10秒は移動しない
4.動物は殺すと腐る
5.農民は動物を撃ったあと硬直する
6.食料採集時間を最大にする
7.農民はすぐ傍の動物は撃てない
8.中心で移動距離を短縮
9.【ドイツ用】馬車ワゴンは採集特化が効率がよい
10.金700を即回収
おまけ.果実の木に割り当てる農民の管理はしっかり

■1.動物の群れは農民が撃った方へ逃げる
動物は農民が撃つと逃げます。その方向は概ね撃った方向(農民がいる側と反対側)となります。
肉寄せ01
             ↓
肉寄せ02
             ↓
肉寄せ03

こんな感じです。
こうやって肉を中心へ寄せておくと、農民生産後直ぐに採集できるだけでなく、荒らしが来たときにも対処しやすくなるので、是非とも積極的に行いましょう。

■2.ゲーム開始直後10秒は動物は撃っても移動しない
1.で述べているように、動物は撃つと逃げますが、ゲーム開始直後の10秒は動物を撃っても移動しません。
そのため、農民全員で資源箱を回収するのではなく、2人くらいで中心から一番近い動物を殺しておくと、生産した農民の移動距離が少なくて済み、効率よく食料を採集することができます。

またパタゴニアの中心周りの初期鹿4匹はどんなに撃ってもその場を動かないため、回り込んで撃つ必要はありません。

その他、TADで追加されたMAP(以下参照)の初期動物郡は群れでは動かず、撃った1匹だけが逃げるため、気にせず中心から撃ってしまってかまいません。
※以下、TADで追加されたMAP
シルクロード黄河
シルクロード(SILK ROAD)         黄河(YELLOW RIVER)

シベリアモンゴル
シベリア(SIBERIA)            モンゴル(MONGOLIA)

インドシナヒマラヤ山脈
インドシナ(INDOCHINA)         ヒマラヤ山脈(HIMALAYAS)

デカン高原ボルネオ
デカン高原(DECCAN)           ボルネオ(BORNEO)

■3.動物を一度撃つと10秒は移動しない
1.で述べていますが、動物を撃って中心近辺に肉を寄せることは効率化・荒らし対策とメリットが大きいです。ただ、寄せるにあたっての注意があります。

それが、動物を撃つ間隔です。

動物は一度撃ったら10秒間は動かないため、肉寄せをするときは10秒以上空けて撃つよう心がけましょう。
「10秒なんて数えてられないよ!」という貴方。一度に2〜3群れの肉寄せを順番を決めて行うと、自然と10秒くらいたっています(例えばA・B・Cの3群れならば、A→B→C→A→B→Cという順番で寄せていく)。
2〜3群れを同時に肉寄せしても10秒空かずに撃ってしまうという人がいたら、もう貴方は初心者ではないので、時間を意識して間隔をあければよいかと。

また敢えてこの10秒移動しないという性質を利用して、中心傍に寄った動物を殺しておくと、荒らし対策になります(動物は同じところに留まらず時間で移動することがあるので、中心から離れるのを防ぐため)。

■4.動物は殺すと腐る
動物は死んだ直後から腐り始めます。具体的には0.75/sec。
そのため、効率のよい採集が求められます。
例えば食料500のバイソンを農民1人で採集する場合を考えて見ます。
農民1人あたりの食料採集速度は0.84/sec。
バイソン500は一秒あたり1.59(0.75+0.84)ずつ減っていきますので、約315秒でなくなります。
315秒で農民が収集できる食料は、315×0.84ですので、約265です。
500あった食料が実際は半分しか採集できないのです。

ただし、これは1人で採集した場合。
2人で採集すれば、1.68/secで採集するため、500÷2.43×1.68=約346
6人で採集すれば、5.04/secで採集するため、500÷5.79×5.04=約435

上記のように、多くの農民で収集するほど肉を無駄なく採集できることがわかります。
そのため、動物はできる限り多くの農民で速やかに採集する。また肉寄せをするときは無闇に殺さないよう、動物を撃つときは体力を確認し、体力のある動物を殺さない程度に撃つことを心がけるようにしましょう(体力確認はALTキーを押すと見えるので、慣れないうちは使うと便利かも)。

■5.農民は動物を撃ったあと硬直する
農民は動物を撃った後、弾込め動作を行います。この間、約2秒。
例えば農民3人で動物を撃ったとすると、農民3人x2秒=6秒ほど無駄になります。
たった6秒と思われるかもしれませんが、気了代の6秒はかなり大きいです。

この硬直をキャンセルする方法があります。
それは、農民が動物を撃った後、別の場所をクリックすることです。

 「動物を撃つ」→「地面をクリック」

こうする事により、硬直をキャンセルして直ぐに行動することができます。
例えば、

 「動物を撃つ」→「地面をクリック」→「食料(動物)採集」

とすることにより、時間の無駄を無くすことができます。

なお、

 「動物を撃つ」→「地面をクリック」→「動物を撃つ」

といった動作だと、弾込めの動作は表示されませんが硬直してしまいます。
これは「動物を撃つ」という動作は連続して出来ないためと思われます。

■6.食料採集時間を最大にする
肉寄せをする理由は、荒らし対策はもちろんのこと、農民が食料を採集する時間を多くするために行います(中心からの移動距離が減る=採集時間が増える)。
そのため、肉寄せを行う際には、食料採集時間が最大になるようにすることが重要となってきます。

肉寄せをする為には、動物の群れの外側に農民を動かす必要があります。この際1人で撃っても2人で撃っても動物の移動距離は同じです。
そのため、肉寄せする際には、外側へ移動する農民は1人とし、外から撃った後に内側の農民で撃つと効率的です。

■7.農民はすぐ傍の動物は撃てない
農民が動物を撃つ際、動物に近すぎると距離をある程度空けてから撃つことになります。

以下の画像はバイソンのすぐ傍の農民で撃った場合です。
左側の農民1人で撃ってますが、見ていただくと解る通り、食料を採集していた場所から少し動いて撃っているのが解ると思います。
傍撃ち01
                        ↓
傍撃ち02

この少しの時間が勿体無いので、動物を撃つ際には少し離れた農民で撃つと無駄がありません。
離れている距離としては、動物1匹分くらい離れていれば大丈夫です。
採集中の動物の左の動物を撃ちたい場合は、右側の農民で撃てばだいたい大丈夫。
以下のような感じです。
傍撃ち03
                        ↓
傍撃ち04

■8.中心で移動距離を短縮
町の中心をうまく使うと、移動距離を短縮することができます。
やり方はいたって簡単。
町の中心に入れて、集合地点を設定、中心から出すだけです。

とはいっても、常に使うとなると結構な操作量となり、慣れていないとかえって遅くなってしまいます。
ただ、確実に効果があり、操作量もそれほど多くないタイミングがあります。
それが、ゲーム開始直後の資源箱回収後のタイミングです。
・資源箱を回収中に中心からの集合地点を動物へ設定。
・回収後の行動をShift+右クリックで中心へ設定。
・中心へ入ったら即座に出す。
こうすることによって、資源箱と反対側にいる動物を最短距離で無駄なく採集することが可能です。
流れは以下のような感じ。

1)資源箱回収中に中心からの集合地点を動物へ設定
中心ワープ01

2)最後の資源箱回収中に、shift+右クリックで中心を指定
中心ワープ02

3)回収後、中心へ入る
中心ワープ03

4)入った直後に出すことにより、動物側へ出て撃つ
中心ワープ04

■9.【ドイツ用】馬車ワゴンは採集特化が効率がよい
ドイツ限定の話となりますが、ドイツの初期農民である馬車は、動物への攻撃力は通常の農民と同じですが、採集速度は2倍となっております。
そのため、できる限り採集は馬車で行い、肉寄せなどで歩く必要がある作業については、通常農民を使うと、時間効率がよく無駄がありません。

■10.金700を即回収
即靴鮠しでも早くするためには、金700搬送直後から回収することが重要です。
そのためには、金700の搬送タイミングを見極め、それにあわせて農民を搬送ポイントへ移動させておく必要があります。
如何にして搬送タイミングを見極めるかというと、[オプション]-[UI設定]-[作成中ユニットの表示]をオンにしておくだけ。
こうする事で、画面左下にカードや生産の状況が表示されるので、タイミングがつかみ易くなります。
また回収する際には、金500に農民5人、金100に農民1人ずつ割り当てると、効率的に素早く回収が出来ます。

設定画面のスクリーンショット。クリックで拡大します。
UI設定


■おまけ.果実の木に割り当てる農民はしっかり管理が必要
動物よりも採集が遅い(0.67/sec)果実の木ですが、チーム戦で相手が荒らしメインのときなど重宝します。
果実の木を同時に採集できる人数は、独立している場合(周りに何もなく農民で四方を囲める場合)は10人、果実の木が二つ並んでいる場合は一つ6〜8人(周辺状況や配置によって若干変動あるみたいです)といった具合になっております。
※動画の内容と人数が違いますが、簡単な検証は実施済み。

独立       連結
果実の木採取01 果実の木採取02

なお、並んだ果実の木を採集する際には気をつけなければいけないことがあります。
以下の画像は農民20人を果実の木に割り当てた場合です。
果実の木採取03

ちょっとわかりずらいかもしれませんが、果実の木に取り付けずに待機している農民が居ることがわかるかと思います。
しかしながら、待機中の農民が居たら表示されるはずの
果実の木採取04
このアイコンが表示されておりません。
また、各資源を表示する部分の採集中人数についても、上記の例の場合では20人となっており、待機中の農民を把握することが出来ません。

中心周りの動物が居なくなったあと、まとめて農民を果実の木に割り当てたり、動物まで遠いため中心からの集合地点を果実の木にすることがあるかと思います。
そういった場合には時々確認をし、待機中になっている農民が居ないかを確認することが大事です。


【この記事を書くにあたって】
AOE3トッププレイヤーのTAKUMAN氏がニコニコ動画にアップした動画は、多くの人にとってすばらしい助言となり、また気づきとなっていることと思います。
ただ、初心者向けとはいっても、ある程度AOE3についての理解力が求められることも確かです。
そのため、初心者の中にはよくわからない(とくに後半など)という人もいるのではないでしょうか?(私は未だにピンとこない部分があったりします)

また、トッププレイヤーだけに、操作が早すぎて正直何が行われているのかわからない、という部分もあったりします(はじめは早送りだと思ってました、、、)。

上記のようなことから「なんとなくわかった気がする。でも実はよくわからない」といったことがあったらもったいないと思い、自分の復習という意味合いも兼ねて、動画の内容を書き出したいと思いました。

基本的には、動画の内容をそのままテキストにしています。
ただ、私の理解不足によりうまく説明出来ない部分については、省いている場合があります。
また、自分なりの理解などを入れてある箇所もありますが、初心者なので間違っている可能性があります。そういった箇所を見つけた方は、是非とも突っ込みをいれていただければと思います。


いつも助言を下さる方々へ直接の恩返しはできませんが、この記事が新たにAOE3の世界へ入ってくる人達にとって多少なりとも手助けとなり、AOE3の輪が広がり、広い意味で恩返しになれば幸いです。


本記事を書くにあたり、快く了承してくださったTAKUMAN氏には、この場を借りて改めて感謝いたします。ありがとうございました。
| comments(2) | trackbacks(0) | by よーいち
| 1/1PAGES |